前へ
次へ

行政書士の資格を得るには

「行政書士」になるには、行政書士試験に合格する必要があります。一定の資格を受けた上、各都道府県の経由によって「日本行政書士連合会」への登録が必要となります。この他にも「弁護士資格を有する人」、「弁理士資格を有する人」、「公認会計士資格を有する人」、「税理士資格を有する人」は、行政書士の資格を得ることが出来ます。試験は、年1回11月の第2日曜日に実施されます。試験時間は3時間で、他の資格試験と比較しても長時間ではありません。試験科目は、「法令等科目」と「一般知識」から構成されており、8科目になります。合格ラインは60%以上と言われています。出題範囲が広範囲に渡り、法令の種類が多く、難関な試験の1つです。

top用置換

top用置換2
Page Top